読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せになるためにお金とマイルと健康を考える

人生が幸せであるために、お金やマイルの貯め方や使い方、健康や生活について考えるブログです

【健康】小米科技(シャオミ:Xiaomi)のmiband2が届いた。【その②】

先日、さんざん悩んでAmazonでポチッと押した小米科技(シャオミ:Xiaomi)のmiband2が我が家に届いた。

 

 miband2を買った話はコチラ

tama-koto.hatenablog.com

 

荷物が届くのを待っていたが、呼び鈴は鳴らず郵便受けに放り込まれていた。発注時に見落としていただけだと思うが、雨が降っていたらずぶ濡れなのか?ちょっとびっくりした。

さて、モノが届いたので開けてみるとしよう。

 

 

開封の義

 

<外装表面>

f:id:tama-koto:20170321224246j:image

 発送元アマゾンのゆうパック袋を開くと、こんなのが入っていた。結構軽い。外装はさらに透明のポリでラッピングされていた。

 

 

<外装裏面>
f:id:tama-koto:20170321224305j:image

中国語で何か書かれている。よくわからん。 

 

 

<中身:開けたところ>
f:id:tama-koto:20170321224332j:image

中を開けてみた。蓋の内側には黒いスポンジがある。製品本体が傷つかないようにするためと思うが、その心意気には好感がもてる。 

 

 

<更に開けたところ>
f:id:tama-koto:20170321224352j:image

本体は宙ずりになっており、バンドが下にある。時代劇でまんじゅうの下に小判でも入っているかのような、面白い構造だ。

『オヌシもワルよのぉ』とでも言ってほしいのか?

 

 

<製品一式>
f:id:tama-koto:20170321224410j:image

本体、バンド、充電器、説明書、蓋と箱 。小判やワイロは入っていない。

 

 

<取扱説明書>
f:id:tama-koto:20170321224428j:image
中華系メーカーなので、表記は中国語。

 

<取扱説明書②>
f:id:tama-koto:20170321224445j:image

裏面は英語表記なので、なんとなくわかる。 

 

次は本体を見てみよう

 

<本体>
f:id:tama-koto:20170321224502j:image

小指の第二関節ぐらいの大きさ。コロンとしている。

 

 <本体裏面>
f:id:tama-koto:20170321224515j:image

中央の部分で、心拍数を測定。MIの文字が見える。

 

 

<充電器>
f:id:tama-koto:20170321224534j:image

 本体は専用ケーブルで充電する。一般的なUSB端子が末端にあるので、PCもしくはコンセントから充電可能。

 

 

<本体を充電ケーブルに差し込んだ様子>

f:id:tama-koto:20170321224549j:image

先に本体を突っ込むだけ。特に工夫はいらない。 

 

 

<バンド>
f:id:tama-koto:20170321224614j:image

先端はピンでとめる。輪になっているのでピンが外れただけでは、本体は外れない。 

 

<ピン>
f:id:tama-koto:20170321224631j:image

本体と同じデザインで統一されている。シンプルながらも好感が持てるデザイン。

 

 

まとめ

郵便受けに入っていた時は、正直びっくりしたが製品はしっかりした印象を受ける。デザインもシンプルでさほど大きくない。

 

次回はセッティング編に続く