読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せになるためにお金とマイルと健康を考える

人生が幸せであるために、お金やマイルの貯め方や使い方、健康や生活について考えるブログです

【きっかけ】マイルを貯めるきっかけ(ばーちゃんが亡くなった話)

 私がマイルを貯めるきっかけになった事柄は、3年前に母方の祖母(ばーちゃん)が亡くなったときです。

 

 いつものように家族で年末に田舎に帰省し、私の実家で餅つきをしました。臼と杵で本気の餅つきです。二人のばーちゃん(父方と母方)と両親、兄の家族に私の家族。総勢12人でにぎやかでした。まさかばーちゃんの元気な姿を見る最後の時とは、誰もが想像していませんでした。

 年が明け、私は家族と楽しい思い出と共に関東に戻りました。

 

 その数日後、親父から訃報が届きました。

 先日までばーちゃんの元気な姿を見ているだけに、驚きを隠せませんでした。親父からは通夜や葬儀日程を聞かされ、遠方だから無理するなと言われました。

 無理ってなんだ?今まで散々、世話になったばーちゃんだ。

とにかく必要なものを持って新幹線に飛び乗り、再び実家に帰りました。

 

 身近な人が亡くなった。世話になった人が死んだ。変わらないと思っていた日常が、突然、あっけなく、そして大きく変わったと感じました。

 慣れない線香の匂いが充満する小さな小部屋で無言で横たわるばーちゃんを目の前にして、涙は出たが、言葉が出なかった。幼少の頃からの思い出がよみがえり、ただただ無言で声をかみ殺して泣いていました。

 数分後にようやく声が出た。

『今まで有り難うございました』

と、無言のばーちゃんにお礼を言った。

 

それから葬式も終わり、私の母はやつれていました。

『49日の法事はどうする?』

普段、わがままを言わない母が来て欲しそうに言いました。

 

『日程が決まったら、連絡くれ』

と伝えたが、何とか会社の休みを取って法事には出ようと心に決めていました。

 

実家は遠く、往復でも3万円/人が必要になります。

その時、ちょうど10000マイル程度貯まっており、飛行機代を捻出できました。

初めてANAのマイルを使いました。

 

 

身近な人の死をきっかけに両親の年齢を考えました。

もうすぐ70歳弱。いまだ健在ではあるが、年はとっている。90歳まで生きたとして、あと20年強。盆と正月に帰省するとして、40回程度。数えてみると少ない。

かけがえのない思い出を残そう。

そう思いました。

 

そして先日、羽田⇔広島で出張したときにマイルを思い出しました。

マイルをたくさん貯める方法はないのか?

実家に帰省する金銭的負担(家族4人で12万円/回)を減らす手段はないのか?

心理的な負担なく、両親と旅行に行く方法はないのか?

 

少し調べたら、先輩方が発信する【ANAマイル】を貯める【ソラチカルート】の情報が、たくさんありました。

ソラチカルートでは頑張れば年間21万マイル貯まるようです。

8万マイル以上あれば、今までと同じ年2回の帰省が家族4人分無料になります。

かけがえのない思い出を作るためにも、頑張ってみようと思いました。 

 

以上がマイルを貯めるきっかけです。

 

 

ANAのマイルを貯める場合】

ソラチカルートが使えるハピタスもしくはPONEYがおすすめです。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 ↑ ハピタスが未登録の方は、コチラから登録できます。

 

無料で現金化!お小遣い稼ぎポイントサイトPONEY!

 ↑ PONEYが未登録の方は、コチラから登録できます。 

  

最後まで読んでいただきありがとうございました。